【あめた】第8回あいオフ使用構築(個人成績6勝0敗)【しめったいわニョロラグドラルンパ】

雨の強みについて

☆すいすい+タイプ一致ワザの威力が上がる
★つまりは雨を降らせるのみで持続おいかぜが発動し、さらには限定的にこだわりメガネ、こだわりハチマキを持たせるのとほぼ同等なのです(めっちゃ強い)



雨のアドバンテージを最大限に生かす。
その結果、みずタイプ4匹に。
みずタイプを半減されようともスペックでごり押せる。
相手の雨メタはパーティに数匹程度のため、彼らを倒せればごり押せる。
しかし最近、雨の増加によりみずタイプのみでごり押すことが困難になったため公開。


細かい立ち回りまでは記さないが、最低限のエッセンスを箇条書きで。

(いま見ると、な〜んだ限界雨か、といったところですが、その通り名が流行る前の記事です)




ニョロトノ ねっとう れいとうビーム てだすけ まもる しめったいわ
ラグラージ じしん たきのぼり れいとうパンチ まもる ラグラージナイト
キングドラ なみのり だくりゅう りゅうせいぐん りゅうのはどう こだわりメガネ
ルンパッパ なみのり ねっとう ギガドレイン れいとうビーム とつげきチョッキ
ナットレイ タネばくだん ジャイロボール じならし はたきおとす こだわりハチマキ
ファイヤー ぼうふう ねっぷう とんぼがえり めざめるパワー(氷) こだわりスカーフ



ニョロトノ@しめったいわ
ねっとう れいとうビーム まもる てだすけ
なまいきHBD調整/最遅

◇アドの塊である雨を持続させるしめったいわ
(だっしゅつボタンではパーティ構成から変わります)
◇エースの火力を上げるてだすけ(めっちゃ強い)
◇単体でも役割を持たせやすいねっとう+氷ワザ◇トリル下にてふんヒードランの先を動く最遅
(ほぼてだすけを使うためSはなくても気にならない)



ラグラージラグラージナイト
じしん たきのぼり れいとうパンチ まもる
いじっぱりAS

◇てだすけ雨たきのぼりでH52までのメガガルーラ確一
(初手のメガ順で相手のガルーラが先にメガった→Sに割いているため一撃で倒せそうだ)
◇特殊に偏りがちな雨パにおいて、万能高種族値物理雨アタッカーであることが強み
◇相手2匹に刺さる際はニョロトノを巻き込みながらてだすけじしんでゴリゴリ削ります
◇上から殴る前提であるため耐久には振らずAS
(それでもガルーラのA2↑ふいうちを耐える耐久はある)
◇砂に天候を取られようとも、そのまま戦えることも強み
(砂相手には無理やり天候を取り返しには行きません)
PGLにおけるニョロトノを倒したワザ欄「相手のワザ以外」には、間違いなく味方巻き込みじしんが貢献(?)している




キングドラ@こだわりメガネ
なみのり だくりゅう りゅうせいぐん りゅうのはどう
ひかえめCS

◇相手を一撃で落とす可能性を極力上げるためメガネ(みずタイプワザの通りが良いからこそ持たせられる)
◇確実にアドを稼ぐなみのり
(味方にみずタイプが多いからこそ気にせず打てます)
◇参考程度に:てだすけ雨メガネなみのりでH4メガガルーラ76%で一発



ルンパッパ@とつげきチョッキ
なみのり ねっとう ギガドレイン れいとうビーム
ひかえめCS

◇相手のトリル下でも戦えるチョッキ
(珠も試したが味方の攻撃と合わせるためそこまで火力は必要としなかった)
モロバレルに強い
(ナットレイとともに出すと相手のモロバレルは機能停止します)
◇チョッキゆえにCHALKのトリルバレル噴火ドランに非常に強く出られる



ナットレイ@こだわりハチマキ
タネばくだん ジャイロボール じならし はたきおとす
ゆうかんHA

◇雨の恩恵(炎半減)を受けつつ自然にトリルにメタを張れる
◇雨ターンに制限があるため短期決戦型のハチマキ
◇確実なアドを稼ぐタネばくだん
(ハチマキパワーウィップで倒したい相手がいればそちらでも良い)
◇てだすけハチマキじならしでH252ヒードランを88%で一発のため、トリル噴火ドランもメタれなくはない
(ふんかの場合、仮に落とせなくともHPを削ればふんかの火力を下げられる)



ファイヤー@こだわりスカーフ
ぼうふう ねっぷう とんぼがえり めざめるパワー(氷)
おくびょうCS

◇チーム味方がサンダー(にゃんさん)、フリーザー(ランサさん)を使うため入れてみた
◇相手が晴れ、あられパーティの場合に強く出られる
◇雨の取り合いが難しくなるため、雨でなくともランドロスなど相手に戦えるようめざめるパワー氷
◇初手ファイヤーとんぼがえりからニョロトノを出すことで相手のリザードンのメガのあとに雨を降らせられる
◇晴れのまま戦ってもよい

↓ファイヤーの代わり↓



エルレイド@エルレイドナイト
インファイト サイコカッター いわなだれ まもる
ようきAS

◇天候変えポケモン(リザードンバンギラスユキノオー)相手に非常に強い
(晴れオーバーヒートで一撃で落ちることはナイショ)
◇猫+リザードンに隙を与えないせいしんりょくいわなだれ
◇この枠はまだまだ検討の価値あり





繰り返しますが、細かい立ち回りは書いておりません。
雨が刺さる環境になりましたら、ふたたびこそっと使おうと思います。
仮にパーティに関する質問などございましたら、ツイッター(@mame_tan326)のほうへお願いします。



☆第8回あいオフチーム戦
チーム成績全体3位/個人成績6勝0敗(全勝!)
★シーズン12ダブルレート/最高順位2位
(レート忘れました)

◇あいオフツイキャス
http://twitcasting.tv/__shana__/movie/214485442
(3位決定戦vsクルーズさん)

【全国ダブル】第5回あいオフ使用構築(ベスト8)【サメハダーゲンガー】

メガサメハダーを彷彿とさせる並び



サメハダー きあいのタスキ ねっとう れいとうビーム まもる みちづれ かそく
ゲンガー ゲンガナイト シャドーボール きあいだま まもる みがわり ふゆう(かげふみ)
ファイアロー いのちのたま ブレイブバード フレアドライブ まもる ファストガード はやてのつばさ
ナットレイ ヨプのみ タネばくだん ジャイロボール まもる はたきおとす てつのトゲ
ロトム こだわりメガネ 10まんボルト ボルトチェンジ ハイドロポンプ めざめるパワー(氷) ふゆう
ランドロス こだわりスカーフ いわなだれ じしん ばかぢから とんぼがえり いかく



ポケモンで好きなワザはオーバーヒートと「みちづれ」
・相手が攻撃する以外の選択肢を取れない場面
(例:相手がちょうはつを喰らっている、かげふみなどで交代できない)にて
みちづれを使えたら強いのではないか?


ということで、元来より好きなかげふみメガゲンガー
みちづれを採用できるアタッカーサメハダーを組み合わせました。




サメハダーきあいのタスキ

とくせい:かそく

おくびょう 145-x-60-147-61-161 (C252 D4 S252)

ねっとう れいとうビーム まもる みちづれ


メガゲンガーと合わせて初ターンまもる→かそくより、相手のスカーフランドロスの上かられいとうビームを打てます。
倒されやすさとの噛み合いに加え、どのような相手に対してもワンチャンスを生ませるみちづれ。
ウェポンはあくのはどうと悩みましたが、シャドーボールと範囲が被るためねっとう。

オフ中にみちづれが決まった回数は1回でした。
単純にウェポンを増やしても良いと思いました。
かげふみ+かそくサメハダーの攻撃の組み合わせは確実に通り、非常に強かったです。





ゲンガー@ゲンガナイト

とくせい:ふゆう(かげふみ)

おくびょう 140-x-106-152-96-178/140-x-126-192-116-200 (H36 B204 C12 D4 S252)

シャドーボール きあいだま まもる みがわり



かげふみで相手の交代の選択肢をなくし、こちらが有利対面を作り殴るパーティですので
長く居座ることが必要となります。そのためのまもる+みがわり。
処理速度を早めることがこちらが生き残ることにつながるため、確実な処理のために
おにびなどではなく攻撃ワザを搭載しました。
優秀な攻撃範囲のシャドーボール
みがわりで試行回数を増やせると判断したため、きあいだま
シャドーボールきあいだまの組み合わせで、すべてのポケモンに対して等倍以上を取れます。

予選にて、きあいボールを小さくなったラッキー相手に当ててくれました。えらい。
XY初期より愛用してきたみがわりメガゲンガーですが、やはり強かったです。
自分は、メガゲンガーメガジュカインなど、居座るだけで仕事をするポケモンには
みがわりは必須レベルだと思っています。





ファイアロー@いのちのたま

とくせい:はやてのつばさ

いじっぱり 153-146-92-x-89-178 (H4 A252 S252)

ブレイブバード フレアドライブ まもる ファストガード



サメハダーが倒れたあとの処理役です。
メインウェポン以外のワザは選択肢が複数取れますが、今回オフにて
おいかぜパーティに苦戦したため、おいかぜの選択肢もありかと思います。
かげふみと組み合わせて、ルンパッパなどまもるを搭載しづらい相手を確実に処理します。





ナットレイ@ヨプのみ

とくせい:てつのトゲ

ゆうかん 181-160-152-x-136-22 (H252 A252 B4)

タネばくだん ジャイロボール まもる はたきおとす



かげふみ+ナットレイは恐ろしいです。
相手にナットレイを処理する手段がない場合、一方的に優位を取れます。
その場合ゲンガーに攻撃が飛ぶため、やはりまもる+みがわりは必須です。

処理速度を早めるためにゆうかんの攻撃型を採用しましたが
オフにて、雨相手の霊獣ボルトロスの珠ほうでんを交代から受け
その後メガラグラージのじしん、霊獣ボルトロスの珠きあいだまで落ちたため
しんちょうの耐久振りも一考です。

パワーウィップは外すため、自分はタネばくだん推奨派です。
タネばくだんを採用している方はあまり見かけませんが、使っていて(精神的に)安心します。





ロトム@こだわりメガネ

とくせい:ふゆう

ひかえめ 133-x-121-163-128-138 (努力値忘れた、CSのつもりだった)

10まんボルト ボルトチェンジ ハイドロポンプ めざめるパワー(氷)



ナットレイ同様、強い相手にはとことん優位を取れる水ロトムです(霊獣ランドロス相手など)。
処理速度を早めるメガネアタッカーです。これは正解でした。
よくいるHBベースのオボン水ロトムとのミラーに強いです。
ボルトチェンジを採用することで、削りたい相手を確実に削ったあとに態勢を立てられます。
めざめるパワーはランドロスやドラゴンを確実に処理したい場合や、モロバレルを削る時に役立ちます。
かげふみと相性の良いトリックなどでも良いと思います。





ランドロスこだわりスカーフ

とくせい:いかく

いじっぱり ?-216-?-x-?-143 (H4 A252 S252)

いわなだれ じしん ばかぢから とんぼがえり



メガゲンガーで相手を捉えたのちに交代から先制スカーフで確実に処理します。
自分ははたきおとすよりもとんぼがえり派です。





第5回あいオフにて使用し、グループ内6勝2敗で2位予選抜け
決勝トーナメント1回戦目にてメガラグラージ雨相手に敗退と、全体ではベスト8でした。


第1回はベスト4、第4回は準優勝、第5回はベスト8と
毎回予選は抜けるものの優勝できていないため、次回も優勝を狙います。

【パーティ紹介】風船ドランノオー



ポケモン とくせい ワザ① ワザ② ワザ③ ワザ④ もちもの 備考
ヒードラン もらいび ねっぷう だいちのちから まもる みがわり ふうせん
ユキノオー ゆきふらし ふぶき ウッドハンマー ぜったいれいど こおりのつぶて こだわりスカーフ
モロバレル さいせいりょく キノコのほうし いかりのこな ギガドレイン めざめるパワー炎 くろいてっきゅう
ランドロス いかく いわなだれ じしん まもる とんぼがえり ヤチェのみ 霊獣
メタグロス クリアボディ コメットパンチ アームハンマー まもる しねんのずつき ラムのみ
ラティオス ふゆう りゅうせいぐん りゅうのはどう にほんばれ めざめるパワー炎 ドラゴンジュエル


風船ドランを主軸にし、多くのポケモンに対して有効な打点を耐性を持つ
ヒードランをみがまもによりずっと居座らせることで、バトルを優位に進めるパーティ。
ヒードランの苦手なポケモンに対してスカーフユキノオーが強めなため
安心してみがわりを貼ることができます。
風船ヒードラン+スカーフユキノオー先発を軸に考えました。





ヒードラン@ふうせん(NN:メノウ)
努力値:H4 C252 S252 実数値:167-x-126-x-182-126-141


今回の主軸。みがわりで居座り熱風と大地の力で攻めます。
基本的に全試合選出し、ヒードランの苦手な相手に対抗するよう、他のポケモンを選びます。
水、地面タイプにはユキノオー、格闘タイプにはモロバレルランドロスメタグロスなどが強いです。
格闘タイプワザに全体ワザがないため、いかりのこなで確実に吸えることも大きいです。


主に先発で出しますが、よく先発で出てくるポケモンに対しても強めで心強いです。

霊獣ランドロス+ボルトロス…風船で地震が通らないため、いわなだれしか有効打がない→みがわりを張れる。
電磁波が痛いが、ヒードランに電磁波を打った場合は隣のユキノオーの吹雪を食らうため、どちらにしろ相手に痛手を負わせられる。ユキノオーに電磁波を打った場合でもヒードランのみがわりを残せる。

クレセリア・・・めざ地面でもない限りはヒードランの身代わりで一方的に勝てる。

明らかなトリパ・・・ヒードランで身代わりを残しながらバレルで頑張る。

ヒードランは弱点ワザと等倍ワザは喰らうものの、半減ワザは耐久無振りでも被ダメージを4分の1以下に抑えられることが多いため、耐久には振らずCSぶっぱです。
ガッサやドランミラーなどで先に身代わりを張る必要があるため、Sも全振り。
攻めるパーティのため、C振りは大いに役立ちました。


大地の力は最初威張る、竜の波動なども候補でしたが、一匹ですべての相手に対応することを考え、シャンデラヒードランにも刺さる大地の力になりました。
ユキノオーさえ残しておけば、こちらのドラゴンワザを仕組む必要もないです。


♀だと冷静の噴火ドランではないことがバレますが、むしろこのおかげで相手のトリル選出(特にクレセシュバルゴなど)を誘い、こちらの鉄球バレルが非常に刺さりました。(本当は♀個体しかいなかったことは内緒)





ユキノオー@こだわりスカーフ(NN:しらゆき)
努力値:A4 C252 S252 実数値:165-113-85-144-105-123


攻めとヒードランのサポートの意味で、今回の主軸その②。
前述のように、ヒードランの苦手なポケモンに対抗し、ヒードランの身代わりを張りやすくします。
単純に炎と氷と草の攻撃範囲が広いことも優秀でした。


採用理由第一ののふぶき。
ギガドレインだと一発で大きなダメージを与えられないため、ウッドハンマーになりました。スカーフでなければ長く居座れるため、ギガドレインも一考だと思います。
ウルガモスやラッキーなどの苦手な相手も無理やり突破できるぜったいれいど(基本的には打ちません)。
こおりのつぶてユキノオーよりも速いスカーフ持ちやハッサムなどと対面した際に役立ちました。10戦に1度あるかないかの使用機会ですが、持っていて正解だったと思います。





モロバレル@くろいてっきゅう(NN:NAMEKOapp)
努力値:H212 B4 C48 D246 実数値:216-x-91-111-144-32


ヒードランユキノオーが2匹とも格闘に弱めなため、補完の目的で採用しました。
先発でヒードランとともに選出することも多いです。
こちらも前述のとおり、格闘ワザに全体ワザがないおかげで、いかりのこなで確実に吸えて強かったです。
また、鉄球バレルを採用したことで、相性補完をしつつ、ナチュラルにトリパ対策もできました。
鉄球を持たせることで、シュバルゴ、鉄球バンギ、サマヨールなどにも対抗できます。

戦術の幅を広げるキノコのほうし。
コンセプトでもあるいかりのこな。
ヒードランの苦手な水タイプに刺さるギガドレイン
ヒードランが倒されてもナットレイシュバルゴハッサムに対抗できるめざ炎。
モロバレルが守る機会はあまりなく、今回はくろいヘドロも持たせていないためまもるは切りました。





霊獣ランドロス@ヤチェのみ(NN:ハーベスト)
努力値:H20 A236 S252 実数値:167-195-110-x-110-157


電気無効、全体的に苦手な格闘に対してもっと厚くなれる、地面無効が少なかったため、威嚇を持った霊獣ランドロスを採用しました。
ヒードランが風船を持っているため、初手ヒードラン+ランドロスも可能です。こちらも攻撃の範囲が広くてなかなかいいと感じました。

ボルトロスを一撃で処理する必要がないため、エッジではなくいわなだれ(ひるみで身代わりを張るチャンスもワンチャン生まれます)。
浮いているポケモンは少ないが、ダメージを期待して地震。浮いているポケモンが少なく、かつ確実に電気を処理することを要求されているパーティならば大地の力も候補に上がります。
守りながら隣を整えるプレイングを考えてまもる。
クレセへの打点にもなるとんぼがえり。何気に再生力バレルとの相性も良いです。





メタグロス@ラムのみ(NN:メダリスト)
努力値:H252 A252 D4 実数値:187-205-150-x-111-84


相手が霰パーティの場合に上の4匹では氷に薄いため、採用しました。
先発で出すことも多く、受けの立ち回りを想定していないため、HAぶっぱにしました。
また、パーティ全体でガッサに弱めなため、ラムを持たせて対抗しました。

ワザはヒードランのおかげで地震を採用する理由がないため、攻撃範囲を広げられるコメパン思念アムハンになりました。
アムハン一回で最遅ユキノオー以下のSになります。





ラティオス@ドラゴンジュエル(NN:ファンシア)
努力値:H12 C248 S248 実数値:157-x-100-181-130-177


上の5匹では雨パに薄いため、先発モロバレルと組むことで雨に対抗します。
相手の先発が雨でなかった場合でも、攻撃範囲が広いため腐ることがありません。
仮に相手のスカーフドラゴンに落とされようとも、ドラゴンワザで拘っているためヒードランで安全にみがわりを張れます。

以前から愛用しているラティオスの型を守るを日本晴れに変えて流用。
雨への対抗策と、ヒードランの火力アップを兼ねています。
ちなみに選出率は低いです。雨以外には選出していません。




【戦績】
9月22日よりツイッターなどのフレ戦環境で回し勝率93%

オフで使用したく思いましたが、もうBW2環境でオフがないため晒し。
今度のポケセン対抗戦で回すかもしれません。